動画は人の目を騙すことができる

先日、動画に関して私がおもしろいと思ったのは、2014年5月21日に放送された「マツコ&有吉の怒り新党」の中で取り上げられた、新3大山口敏太郎の鋭い洞察の中で、動画がUFOかどうかを検証していたことです。
山口敏太郎さんはUFOなどのオカルトに詳しく、その世界では第一人者です。そんな山口敏太郎が、投稿された動画についてビシバシと自分なりの意見を述べていくのですが、それがとても理に適っていておもしろいと思いました。
どの動画もパッと見は「これは本当にUFOなのでは?」と思ってしまうような動画があったのですが、山口敏太郎さんに言わせればここがおかしい、あそこがおかしいという指摘されるべき点が多々あったので、こちらとしても「なるほど!」と納得しながら観ていました。
動画というのは真実をあらわしているという側面がある一方で、加工してごまかすことができるという側面も含んでいます。ただ、人間はその目で観た物を信じやすいですから、それにまんまと騙されてしまう可能性があります。
ですから、たとえ一見して「すごい!」と思わせるような動画でも、実は細工がしてあるということがあるのだと、このときの放送を観て私は思いました。ですので、動画についてとても勉強になりました。