ネットオンチの母が動画サイトにはまる

ネット環境は整っており、デスクトップパソコンも旧型ながら問題なく利用できるものが揃っていたにも関わらず、実家では長いことインターネットというものが利用されずにいました。父も母もデジタルなことにはとんと興味を示さず、外で野菜を育てたりしているほうが良いというタイプだったからです。
しかし昨年母が足を骨折し、家にいる時間が増えたことから状況は変わっていきました。大事には至らなかったものの退屈しているという話を聞いて、私がインターネットは暇つぶしの宝庫だと教えたところ、興味がわいたようでした。
今まで全く手をつけていなかったものですから、簡単な使い方をマスターするだけでも時間がかかりましたが、一ヶ月後ぐらいには自分で自由にネットサーフィンができるようになりましたね。そうしてどこからか昔のドラマが多く配信されているという動画サイトの情報を聞きつけて、私に自分も利用してみたいと連絡をしてきました。普段電話もろくにしない母なので、一体何があったのかと思えば予想外の事態でした。
動画サイトの会員になってから、母は父も仲間に呼び込んで二人で時代劇や古きよきドラマを視聴しているようです。レンタル店でもなかなか見かけないような作品が揃っていて、新しい楽しみができたとご満悦です。