思わず妙な叫び声が…

スマホで動画を撮影していた時の話です。猫を撮っていました。親戚の家にいる猫なのですが、犬派というより猫派の私にとっては格好の撮影対象となります。
右手にはスマホを、左手には猫じゃらし風のおもちゃを持って撮影していました。遊んでいるうちにだんだんコツが分かって来るようになり、面白い画になるようになってきます。ただし、どちらも上手く使いこなすには時間が掛かりました。
良い画になっているはずが、きちんと撮影できていないということが多く、何度も繰り返していました。猫もそろそろ飽きてきたようで、これが最後の撮影になりそうです。集中力を高め、「今までの経験をすべてここにぶつける!」という決意で撮り始めます。
おかげで、思った通りの画を今度はしっかり撮影できそう!…という時に事件は起こりました。容量がいっぱいになったのです。スマホの動画は結構容量を取られます。撮影し、納得いかないのであれば消しを繰り返していればよかったのですが、面倒でしていませんでした。
写せなかったという事実に気付いた瞬間、思わず「ギャー!!」を間違えて「ニャー!!」っと叫んでしまった私。それを親戚に聞かれ、恥ずかしい思いはするわ、動画は撮れず仕舞いだわで泣きそうでした。